知ってて損なし!日焼け後のケア方法

14706271

みなさまこんにちは。
かすみです。

あれだけ焼かないぞと決めていたのにも関わらず、ちょっとした油断で焼けちゃった!なんてとき、ありませんか? 

紫外線の一番高いのは8月。でも夏も終わりだと思っても、9月になってもまだまだ太陽はギラギラ。

思いがけない日焼け後のケアについて考えてみました。

日焼け当日のケア

肌が赤く熱っぽいですよね。

そんなときはとにかく、熱を冷ましてあげましょう。

冷感ジェルを頬や肩など一番日焼けしている部分に当ててクールダウンしましょう。

そして、家に帰ったら、一番ぬるいお風呂に浸かります。できれば体温くらいより低め。

長時間はお腹を冷やすので厳禁。シャワーでもいいですが、あまり炎症が強いと刺激で痛いので、気をつけてください。

化粧水は冷蔵庫で冷やして、手でつけてください。

コットンは弱っている肌には刺激になるので、避けたほうが良いようです。

その他、全身にいきわたるように、スプレー式の入れ物に入れて、冷たい化粧水を満遍なくスプレーし、保湿します。

日焼けのターンオーバーには保湿が必要です。

もちろん、髪も地肌も日焼けしています。

優しく洗って、トリートメントをするようにしましょう。

髪のダメージも相当なものです。髪先などは天然オイルなどで保湿します。

睡眠も重要です。日焼けすると眠くなりますよね。しっかり睡眠を摂りましょう。

日焼け翌日以後のケア

まだまだ、熱をもっているかもしれません。

化粧水は冷やして、手でつけるようにしましょう。そして、一番のケアはこれ以上焼かないこと!です。

日焼け止め(化粧下地と一緒になっていると便利)を必ず塗ることを忘れないで。

体も、首の後ろ、耳の後ろ、手の甲が忘れがちなので、しっかり塗りましょう。

じゃあ、塗ったらそれでOKかというと、SPF50 PA+++であろうが、ほとんどの日焼け止めは汗などで流れてしまいますので、できれば、お昼には塗り直しが必要です。

メイクを全部し直すのがベストですが、簡単に塗り直すのなら、パウダーが便利です。

粉が光を拡散反射するので、化粧直しシートなどで汗などをとった後使ってください。

肌が弱くなっているので、優しいパフなどで、つけるといいでしょう。

体の中からのケア

やはり美白にはビタミンCですが、その他亜鉛、たんぱく質も必要です。

特に、日焼け後には活性酸素が大量発生するので、抗酸化成分を積極的に摂りましょう。

ビタミンCといえば、レモン、オレンジ、アセロラなどにはメラニンを還元する作用があります。

トマトには抗酸化力に優れた成分リコピンが多く含まれています。

サーモン、エビ、カニ、いくらにはアスタキサンチンという優れた抗酸化作用があり、メラニン抑制効果もあります。

サプリで取るのもおススメです。

早めの手当で、白い肌を取り戻しましょう。

関連記事

  1. 南青山スキンケアクリニックでほくろ除去してきました!ずっと気になっていた顔のほくろ除去レポ。

  2. ムダ毛の処理に悩むのはもう嫌だ!脱毛のススメ。

  3. 敏感肌さんの日焼け止め選び!紫外線吸収剤不使用のススメ。

  4. マナラの生練り洗顔がスゴイ!朝の洗顔だけで毛穴の開きが消えちゃいました!

  5. お肌のキメを細かくする方法!秘密はセラミド。年齢とともに現象するからこそ、補っていきましょう!

  6. 夏のメイク崩れをなくす方法3つ

  7. 秋からの肌対策方法

  8. 梅雨の時期。間違ったスキンケアしてませんか?

PAGE TOP