夜6時以降は食べなければ痩せる!? ほんとなのか調べてみました!!

こんにちは!venus life編集部です。

 

まだまだ暑さが続いてますが、暦の上では秋ですね。

「食の秋」とも言いますように、ついつい美味しいものを食べてしまいがちですよね。
サツマイモ、栗、炊き込みご飯・・・あぁ〜っ、考えるだけでお腹がすいてきます。

でも、美味しいものをたくさん食べたら、太っちゃうのでは?
でもでも、それでも、美味しいものは食べたーい!

そんなあなたに、「夜6時以降食べないダイエット」!!

誰でも一度は聞いたことのある、このダイエット方法、調べてみました♡

歌手の倖田來未さんや、西野カナさんが実施し、痩せたと言うことで、一時期とても人気がありましたよね。

一般人でも、特別な器具は使わずお金も使わなず、ただ食べる時間を早くするだけなので取り組みやすいことが、その後のこのダイエット方法の人気に火をつけたのではないかと思います。

でも、人気だった割に、痩せたって聞かないような・・・

果たして、本当に効果はあるのでしょうか?

 

夜6時以降食べないダイエットのやり方

ダイエットの方法は簡単で、夜6時以降はお茶か水以外は摂取しない、翌朝の朝食を食べるまでは食事をしないようにするだけ!
食べる量は変えずに、食べる時間帯を変えるだけで良いので、ストレスがなくて良いですね。

これ、実はちゃんと根拠がありまして、タンパク質と血糖値が関係しています。

理由その1.タンパク質

人間の生活リズムに関わっていて、午前2時ごろにピークを迎える肥満にかかわるタンパク質の一種(BMAL1)と、食事をしたことによって上昇した体重増加に関わる栄養素が関係しているようです。

BMAL1というのは、体内にあるたんぱく質で体内時計を調整する働き、また脂肪を溜め込む働きもあります。BMAL1は時間帯により量が異なり、昼3時が一番少なく、夜6時頃から増え、夜10時から急増、夜中2時には最大量となります。「夜食べると太りやすい」と言われているのは、このBMAL1の量と関係しているようです。

つまりこの遺伝子がピークを迎える前に食事を終えることで、太りにくい体にする、ということで、これだけでは劇的に「痩せる」というダイエット効果は得られない場合があるそうです。

理由その2.血糖値

糖質の多いごはんや麺類などを食べると上がりやすいこの血糖値、この血糖値が上がると体内からインシュリンというホルモンが分泌されるのですがこのホルモン、脂肪を作り、分解を防ぐ働きがあり、さらには遅い夕食ほど分泌量が過剰になりやすいのです。

一番脂肪がつきやすい時間としているのが、夜の10時から夜中の2時までなので、遅い夕食になればなるほど、血糖値が上がりやすくなっている時間帯と被ってしまうんですね。

夜6時以降食べないダイエットを成功させるポイント

ただ、口コミを見ていると、【夜6時以降食べない】だけを実践していても、なかなか痩せないのがほんとのところらしいです。
そこで、成功に近づくちょっとしたポイントを、お教えしたいと思います♡

①満腹感を得る

夜6時より前に食事を摂っても、空腹に負けて食べてしまうという方が多いと思います。

夜6時以降は食べないようにするためには、「満腹感」が大事です。短時間でパパッと食事を済ませたり、ながら食いで済ませてしまうと、なかなか「食べた」という実感が湧かず、暫くすると空腹感がでてしまいます。

ゆっくり食べて満腹感を得る、「あ〜今日は食べたな〜♪」と思えるかどうかがポイントなんです!

食べ応えのあるもの、咀嚼を多く必要とするものを多く食べると良いでしょう。よくカロリーの高いものを食べる前に生野菜を先に食べるといいといわれてるのは生野菜はよく噛むため「満腹感」を得やすいのです。

生野菜だと食べた気がしないという方は、きのこ類やこんにゃく類、またゆでた野菜などもいいでしょう。意識的に咀嚼を多くしてもいいですね。1回ごとに30回噛むという昔ならではの方法は最適だと思います。表情筋も動かすため小顔効果も期待できちゃいますね!

ゆっくりゆっくり、時間をかけて食事をしてみてください。

②食後に運動をする

夜6時までに食事をすまし、その後食べずに朝まで過ごすことは胃腸にも負担をかけず健康的です。
ですが、食べてすぐ横になってごろごろしているだけでは、太りはしないかもしれませんが、痩せもしません。
またそのまま寝てしまったら、むしろ太ってしまいます。

これでは、せっかくの我慢が水の泡です!!

食後30分以内に運動を行うと、血中の糖をエネルギーとして使用されるために血糖値が上がりにくくなります。
つまり食べた分が脂肪になりにくくなるのです。

運動と言っても、ハードな運動じゃなくて大丈夫!!。
ウォーキングやストレッチなど、少しでもいいので、体がポカポカするくらいの運動をしてみてください。ダイエット効果を高めてくれることでしょう。

寝ている間は食べたものは消化吸収されません。そのため朝になっても胃がもたれていたり、胃の中に食事が残っているため朝しっかり食事を取ることも難しくなります。

寝る前の2〜3時間前に食事をすますということは、消化吸収もさることながら、胃腸を休める時間でもあるわけです。満腹になって眠たくなってきたころに体を起こすために10分〜30分の軽い運動をするとよいとされています。

 

③半身浴で体をあたためる

体を温めるために半身浴をするのがよいでしょう。夜食べてしまう人の多くは、なかなか眠れない、寝つきが悪いという人も多いのです。眠れないから空腹を感じて食べてしまう・・・。そういう方であれば寝る時間の1時間前ぐらいにぬるま湯に入って体を温めるとよいでしょう。あついお風呂に入ってしまうと目覚めてしまうため注意。ぬるま湯で半身浴程度がよいでしょう。

お風呂から上がった後はお水を軽く一杯飲みましょう。軽い運動をすることにも繋がってくるのですが、体をかるく温め体温を上げることで、いい睡眠に入る事ができるのです。体温が上がって下がりきると人は深い睡眠を取れます。
お風呂で上がった体温が徐々に冷えてくると自然に眠気が強くなってくるので、完全に冷え切る前に布団に入ると質のよい睡眠が取れます。
ダイエットには体を休める事も大事です。充分に睡眠時間をとって体を休めるのもダイエットを無理なく成功させるポイントなんです。

いかがでしたか?
食べる時間も重要ですが、それだけでは痩せにくいのですね。
体に良いことはわかったので、これを機に習慣の一つにしてみてはいかがでしょうか?

空にいい習慣を一つ一つ取り入れることが、痩せやすい体づくりの第一歩になるはずです♡

 

関連記事

  1. 今年の夏も、パクチーを食べて内側からキレイになろう♪

  2. ビタミンについて詳しく知ってますか?

  3. これからの季節の臭い対策!

  4. 汗って大変!気をつけるべき汗ケア

  5. 30歳からの歯列矯正。30歳の私が生活費を削ってでも歯列矯正を決意した理由。

  6. 恋の病の処方箋。幸せホルモン「セロトニン」を増やしてHAPPYになりましょ。

  7. ゆるーく実践!プチ・グルテンフリー

  8. 微熱が続くのはストレスが原因かも?隠れた病気の可能性も!その原因と対処法をお伝えします。

人気記事

PAGE TOP