フィリピンでハイヒールを強制することが違法に・・・!日本でも近い将来起こりうるかも!?

こんにちは!ayaです。
去年イギリスで「ロンドンの大手会計事務所で受付係として下請会社に採用された女性が、ハイヒールを履いていないことを理由に帰宅を命じられた」という事件が話題になりました。

そして今回フィリピンでは「販売員として働く4人の女性が労働組合にハイヒールを履くことで生じる苦痛」を訴え、2017年9月にフィリピン労働局から「健康や安全面を考えたうえで、企業は女性に対しハイヒールを強制してはならない」と発表されました。

ハイヒールってかわいいけど、他人に強制されるのは嫌なの。

女性ならハイヒールを履いたことが無い人は少ないと思いますが、ハイヒールって長時間履くとつま先が痛みだしたり、足が疲れやすかったり、あまり長時間履けるものではないですよね。
それもおしゃれのために履く場合は我慢できるけど、会社の制服で履きたくもないハイヒールが義務付けられていたらどうでしょう?

ちなみにフィリピンでは、今回の禁止命令によって、今後企業は女性が実用的で快適な靴を履けるようにしていかなければならず、ヒールが2.5cm以上の靴の着用を強いることはできなくなるのだそう。

「ハイヒールを履いて長時間立っていると痛みや疲労の原因となるだけでなく、脊柱や関節にも問題を引き起こす可能性がある」と、フィリピン労働局は強く訴えています。

禁止命令が生まれる発端となった4人の女性は、「会社に直接苦痛を訴えたら、報復されたり解雇されたりしてしまうのではないか」と怖れ、労働組合に助けを求めたのだそうです。タンジュシさんは、他国もフィリピンの動きに続くことを望んでいると話していました。



ハイヒールが体に与える悪影響とは?!

足の形が変化する外反母趾&内反小趾

ヒール靴で歩くとつま先の方に大きく体重がかかり、足の指が痛くなったり、しびれを感じます。また、靴の先に足の指が詰めこまれるように負担を受けるため、長期間履いていると足の形が徐々に変わり始めるのです。親指が小指側に向かって大きく曲がり、骨が出っ張ってしまう外反母趾(がいはんぼし)の症状に悩む女性は多く、ひどくなると普通の靴を履いたり、歩くことが困難になってしまいます。また、小指が親指側に曲がるケースもあり、こちらは内反小趾(ないはんしょうし)と呼ばれます。

姿勢の悪さから発生するひざの関節痛

ヒール靴は部分的に体重がかかるため、足の疲労が一点に集中します。ヒール靴を履いて歩くことが不慣れな人は、立ち姿勢、歩く姿勢が悪くなることも。ひざ周りに負担がかかった結果、炎症が起こり変形性膝関節症を引き起こす危険があります。ひざの関節がうまく曲がらなかったり、正座ができない、階段の上り下りがつらいという症状を引き起こします。

足以外にも悪影響が出る!!!

足への負担が大きくなると、普段の姿勢がゆがんで代謝量が落ちるため、体がむくみやすくなります
また、ひざの痛みを回避するために背中を丸めて猫背になり、今度は脚のもも側へ無駄な体重をかけてしまいます。立ち姿を美しく見せるためのハイヒールが、結果的に外見を悪く見せてしまうこともあるのです・・・

それでもハイヒールが履きたい日もある♪

会社でハイヒールが義務付けられるのは嫌だけど、それでも女子はハイヒールを履きたい日もありますよね。
足の健康のためには、きちんとしたシューフィッターさんのいるお店で靴を購入するようにしましょう。

合わないハイヒールを無理に履き続けると、外反母趾になって足が変形してしまったり腰痛を引き起こす原因になります。
将来のあなたの健康のためにも、自分自身を大切にしてくださいね。



関連記事

  1. アメリカンヴィンテージの宝庫!【沖縄】宜野湾ファニチャーストリートでお買い物♪

  2. たった6800円でブランドバッグが借り放題!今なら2ヵ月ほぼ無料!

  3. 石垣牛に米軍フリマまで。沖縄で異文化を堪能しよう!

  4. いまが旬のサンマ!その効能や2017目黒のさんま祭り情報も!

  5. ケイト・モスも注目!着物×ロボット?革新的なエキシビションが開幕!

  6. 急いで!ふるさと納税は意外に簡単!おすすめ返礼品4選をご紹介♪

  7. 恵比寿の新名所発見!おしゃれなフードコート EBISU FOOD HALL

  8. 関東日帰り温泉オススメ5つ選んでみた

人気記事

PAGE TOP