日本酒のソムリエ「きき酒師」の資格。取得費用と難易度について詳しく調べてみました!

日本酒の「唎酒師(きき酒師)」ってご存知しょうか?
ワインでいう所の「ソムリエ」のような資格です。最近では、ハーフタレントのSHELLYさんがこの資格を取ったことでも話題になりました。
今、飲食店に従事する人以外にも、この唎酒師の資格が注目されているんです。
その理由と、気になる取得費用も調べてみました!

今、日本酒が世界で注目されている!

近年、日本酒は国内だけでなく海外からの人気も高まっています。近年、国内では酒類全体の生産量・消費量が減少している現状ですが、若い女性を中心にここ数年日本酒が人気になっています。
日本酒は、酒類全体の動向と同様に全体数量は減少していますが、日本酒の輸出量は、この10年で倍増!

輸出総額も2015年は前年比約110%増の120億円を超えました。
今やニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、香港など、世界の大都市で、和食や寿司と共に、大吟醸や純米酒が飲まれており、スタイリッシュでクールな飲み物SAKEとしてブームと化しているのです。

また、スパークリングタイプ、無濾過生原酒、夏酒などと呼ばれる新たな商品が登場したり、日本酒バー、日本酒バルなども近年どんどん増えていて、若者や女性層からの支持も急増しています。
このように日本酒が活況している現状と共に、専門用語が多く難しくなりがちな日本酒を分かりやすく提供するニーズが高まっており、日本酒の唎酒師が今注目の資格となっています。


「唎酒師」とはどういう資格?

唎酒師は、お客様にピッタリの日本酒を見つけ出し、どのように飲むとより美味しいかなど、コーディネートやアドバイスができるほか、日本酒のプロとして、販売や商品開発などで活躍の幅が広がります。
もちろん、料理との組み合わせを提案したり、適した酒器を選ぶなど、プライベートでも活かせます。

1990年の認定開始以来、合格者は3万人(国際唎酒師を含む総認定者数)を超え、日本のみならず世界中にその活躍の場を広げています。

「大吟醸酒」「純米酒」「吟醸酒」さらには「生酛」「山廃」「日本酒度」など、日本酒のラベル表示事項は、専門用語が多く一般消費者が日本酒を選択する指標としてふさわしいとは言えません。
当会では、20,000種類以上の日本酒テイスティングを繰り返し、「香り」と「味わい」の要素から、4つのタイプに分類できることを明らかにし、「日本酒の4タイプ分類」として提唱しています。

出典:http://www.ssi-w.com/?page_id=19

唎酒師に求められるもの

唎酒師は、日本酒と日本酒を取り巻く基礎知識力、日本酒のテイスティング力、日本酒のサービス力、この3つの「日本酒力」を高め、総合的な日本酒の提案力向上を目的とした資格です。

1.日本酒と日本酒を取り巻く基礎知識力

日本酒に関する知識はもちろんのこと、様々な提案をするために、食品と他の飲料に関する基礎知識力も身につけます。

2.日本酒のテイスティング力

品質劣化の判別と、日本酒の香りと味わいを的確に把握して提案していくテイスティング力を身につけます。

3.日本酒のサービス力

提案力アップに向け、セールスにおける問題点、料理との組み合わせ、季節別の楽しみ方などのセールスプロモーションを学びます。

費用はどれぐらいかかるの?

養成講座の受講料・受験料以下のようになっています。

会場受講・・・ 57,800円(一般)

開催期間:1日(講習会受講後、約1ヶ月の復習期間を経て受験することがオススメだそうです。)
直接講義を受けたい方や質問したい方向けで、一番スタンダードな受講方法と言えそうです。
※受講料に受験料も含まれています。

2日間集中コース・・・ 138,100円

開催期間:2日
2日間で受講と受験を行います。
まず事前にテキスト、ワークノートなど2日間集中受講受験コース専用の教材を用い、予習(目安8時間)。
当日は、講義、自習、質疑応答を繰り返し行うことにより合格率向上を目指す。
※受講料に受験料も含まれています。

通信教育・・・ 77,400円

全6回(FBO認定会員は全5回)の添削問題をクリアすると合格となります。
基準に満たない場合でも期間内であれば合格基準に達するまで指導があり、専任講師の添削と講評により、効果的かつ細部にわたるチェックがあります。
資格取得後には、会場受講コースを「通信コーススクーリング」として無料で受講可能(任意)。
※受講料に受験料も含まれています。

実際に会場に行って受けるのが一番お得なようですね。

合格後にかかる費用・・・

さらに合格後、協会会員になるための費用も必要となってきます。

認定料 25,000円
入会金 19,000円
初年度年会費 15.900円

と、意外と資格取得後も費用がかかりそうですね・・・
決して安くはありませんが、日本酒についてこんなに奥深く学べるチャンスはありません。
資格を取得していることで、海外からのお客様へのおもてなしの幅の広がること間違いなし。
気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね。



関連記事

  1. 大ヒットのブランパンシリーズが新商品を発売!リニューアル4商品も!

  2. まだ間に合う!この夏はVRで花火を楽しもう!

  3. 英会話は格安で学ぶ時代!①オススメの教材について詳しくご紹介♪

  4. アラサー女子が資格取るなら、FP2級が絶対オススメな理由。

  5. そうだ「ライブハウス」へ行こう!

  6. 座禅で心を綺麗にしよう♪東京で気軽に行ける座禅体験レポート。

  7. 30歳でもまだ間に合うワーホリ。ギリホリと呼ばれても一度きりの人生。ワーキングホリデーで新しい自分を…

  8. モンステラは風水的にもビジネスウーマンにぴったり!南国のスパイスをインテリアに取り入れて。

人気記事

PAGE TOP