体の冷えが良くない理由は?あなたの子宮は冷えてませんか?

今年の秋はぐっと冷え込んで風邪をひいてしまう人なども多かったかもしれませんが
これから冬本番、さらに冷えてくると気になるのが「体の冷え」。
女性は特に、冷えることで生理痛がひどくなったり、PMSの症状が強くなったり
そういったマイナートラブルに悩んでいる人もいるかもしれませんね。
やはり冷やさない生活というのは想像以上に大切です。
しかし温めるといっても具体的にどんなことをするのが一番良いのでしょうか。

今回は女性にとって大事な「温める生活」についてを紹介いたします!


冷えは万病の元、女性の体は特に冷えから守るべき

男性と違う大きな点として、女性には赤ちゃんを妊娠したり守るための子宮が存在しています。
今妊娠している人などは特にこの冬、冷やさない生活を心がけなければなりませんが
この子宮には血液が集中しています。
子宮は胃腸などの臓器の中で一番下に存在しているため、血液が集まりやすい特徴があります。
この子宮が冷えると、生理痛がひどくなったり、PMSを引き起こしたり
食後のお腹ぽっこりなんかも子宮の冷えが関係しています。
また冷えることで血流が悪くなると、代謝がさがって太りやすくもなってしまいます。

下腹部やお尻を触ってみて「冷たい」と思う場合には、子宮が冷えている、という証拠です。

若い世代にありがちなNG行為

若い時代、思い返せばスカート丈は短く、足も出していたという人も多いかもしれませんね。
やはり私自身もそのような格好をして過ごしていました。

その時代には特に気にせずにいたかもしれませんが、やはり子宮は結果として冷えていたでしょう。
骨盤内の血流が悪くなると子宮も勿論健康状態はあまりよくありません。
若いころから生理痛が酷かった、なんていう人は冷える生活をしている可能性が高いです。

薄着だったり、冷たい食べ物、飲みものを好んで飲んでいたりするとそれでも体は冷えます。
特に「ふくらはぎ」を出している行為はまさに冷えに直結します。

ふくらはぎには生殖器に関連するツボもありますが、それだけでなく
ふくらはぎは心臓に血液をもどすポンプの働きがあり、ふくらはぎで冷えた血液が
心臓へ向かって戻っていくため、体の中から冷えた血液で体中を冷やして回ってしまうということになります。

確かにおしゃれは多少の我慢が必要になる事もありますが
冷えて健康を損ねてしまっては意味がありません。
若いが故に足をだして薄着で過ごしてしまうことで、後々の生活にもやはり響いてくるものです。

温めるために出来る事とは?

食事

外側から温めることも大事ですが、実は食生活からも温めることは大切です。
体を温める食べ物というと、陰陽でいう「陽」の食べ物となります。

たとえば玄米などの穀類、根菜類などです。
逆に冷やしてしまう食べ物は、精製されたもの(小麦など)や砂糖、夏野菜や
夏から秋にかけての果物などは冷やす食材です。

どうしても甘いものは美味しいですしケーキなどもついつい食べがちですが
砂糖がたっぷり入っているものは体の内側をどんどん冷やしてしまいます。
ちょっと砂糖が多い生活をしていると風邪をひいたり鼻がずるずるしたり・・・なんてこともあります。

また、飲み物はコーヒーや清涼飲料水、緑茶なども体を冷やす飲み物。
体を温める飲み物は紅茶や葛、日本酒や赤ワインなどです。

普段から冷えに悩んでいる人は、自分がよく摂っているものが体を冷やさないかどうかを確認してみると良いでしょう。

腹巻やレッグウォーマー

「腹巻なんて」と思うかもしれませんが、冷えない為にはやはり必需品です。
特にお尻が冷えている人はお尻も温められるとなお良いでしょう。
もし家にいて体をより温めたいのならイオンドクターの腹巻やレッグウォーマーがおすすめです。
医療現場や体のケアをするためにも様々なところで使用されている温めグッズです

まとめ

冷えない生活を意識してみると、意外と普段の生活は冷えだらけ・・・という人も多いのでは。
私も甘いものは好きだし、薄着だし、あまり意識せずにいたのですが
お尻は冷たく確実に冷えています。
さらに妊娠中の冷えはお腹の張や腰痛、むくみ、足のつり、出産に時間がかかる・・・などが起こります。
またこれから結婚・妊娠をしたいと思っているのなら冷えない生活はやはり重要です。

冷えないことで子宮や体を温めて、血流をよくし、スッキリした体でいたいですね!
是非、体を温めることを意識してこの冬を乗り越えてみてください!



関連記事

  1. 綺麗なお姉さんは髪から

  2. 飲んだ次の日もHAPPYに過ごそっ♡早く酔いを醒ます飲み物食べ物リスト

  3. これからの季節の臭い対策!

  4. 恋の病の処方箋。幸せホルモン「セロトニン」を増やしてHAPPYになりましょ。

  5. 誰にも聞けない、お尻の悩みありませんか?

  6. 生理が遅れる原因は妊娠だけじゃない?主な原因まとめ

  7. 花粉症の対策まとめ◆辛い季節はこうやって乗り切ろう

  8. 女子の大敵PMS。長年PMSに悩んできた私が、薬に頼らない対策方法を真面目に考えてみた。

人気記事

PAGE TOP