冬に食欲が増えるのはなぜ?今日からできる冬太り対策

「食欲の秋」なーんて言われるように、秋から冬にかけてどんどん食欲がアップするような気がしてなりません。毎年秋から冬はどうしても太ってしまう!!という人も多いのではないでしょうか?

でも、秋になると食欲がアップするのはなぜでしょうか?その原因と対策について探ってみました!

「食欲UP」の謎

昔から「食欲の秋」と言われていますが、実際、夏が終わり涼しくなってくると 「食べたい」欲求が増して食べる量が増え、体重増加につながってしまう人が多いようです。もちろん要因は色々とあり、一概には言えませんが、その原因となるものをいくつかピックアップしてみようと思います。

なぜ「秋」に食欲が増すのでしょうか?



1.日照時間減少の関係(セロトニン分泌低下)

夏から秋になると、日照時間が減少して明るさが低下しますが、精神の安定化を保つ作用のある脳内の神経伝達物質で、食欲の調整にも深く関わっているセロトニンは、日光にあたった時間によって分泌量が調整されることがわかってきました。
つまり、日を浴びることが少ない秋には、夏に比べセロトニン分泌量は減少してしまうのです。
日光にあたる以外に、セロトニン分泌量を増やす方法は、糖質、乳製品、肉類の摂取や睡眠をとること。

秋になると食欲が増すのは、日照時間が減ったために減少してしまった体内のセロトニン量を増やすため、
たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、精神の安定を保とうとするからではないかと言われています。

じゃあ、部屋の中を明るくして過ごせばいいのか?というとそう簡単ではありません。
「明るさ」の計測値で比較すると、どんなに明るく見える室内照明も、晴れた日の日中の明るさと比較すると、なんと1/200にも満たないのです。
どんなに頑張って室内を明るくしても、外で太陽の光を浴びるのとは全然違うことがわかりますよね。

健康的に食欲を抑えるためには、室内にこもっていてはダメ。
これからどんどん寒くなりますが、食欲の調整のためにも、晴れた日には外に出ることを心がけましょうね!

気温低下に対するからだの反応

気温が低下すると、基礎代謝がアップするって、聞いたことありませんか?
これまでもよく言われているのが「気温の低下による基礎代謝の変化」です。
気温が下がると、体が体温を維持するために基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がれば、それだけエネルギーを多く使ってしまうため、その分を補給しようとお腹がすいてしまう、ということです。
しかしながら、近年ではエアコン等空調機能の発達で、季節変化による基礎代謝への影響はほとんど考慮しなくても良いという説もあります。

その他の要因

その他にも、「夏バテ気味で低下していた食欲が、涼しくなって回復する」「秋は美味しくなる旬の物が多いので、食べたくなるのは自然なこと」など冬になると食欲が増す原因は様々あります。

とはいえ、納得して食べてばかりもいられませんよね。そんな「食欲の秋」を乗り越えるため、食べ過ぎを防止できる方法をいくつかご紹介したいと思います!

食べすぎを防止できる食材

きちんと食事を取っているのにも関わらず、どうしてもお腹が空いてしまう場合は、少量の甘いもので空腹を抑える方法も有効です。

ココア

ココアには血液の循環を促してくれるポリフェノールが豊富に含まれています。
ココアを温めて飲むだけで冷えた身体を温め、空腹時に飲むと満腹感が得られるので、秋の食べすぎ防止におすすめです。 また、ココアには「リグニン」という特別な食物繊維が含まれているので、お腹の調子を整えるだけではなく、悪玉菌を抑制したり、冷えに悩む人にも一石二鳥という優れもの。

チョコレートを一粒食べる。

甘い物を食べるとストレスを緩和してくれる働きがあります。どうしてもお腹が減ったらチョコレートを一口食べましょう。チョコレートには幸福感を得られる成分が入っているのでストレスの緩和にはもってこいのおやつです。
ただし食べるタイミングと種類が大事です。カカオ含有率の高いチョコレート選び、食前に摂取する事で食欲を抑え、少し食べただけで満足感が得られます。
最近は糖質OFFのチョコレートも増えたきたので、そういったものを上手に取り入れてみるのも良いですね!

アボカド

アボカドは「森のバター」と言われ、一見太るイメージはありますが、血中脂肪を減らす成分が豊富です。
カロリーは少し高めですが、実はその8割は不飽和脂肪酸なのでコレステロールの心配がありません。
しかもボリュームと食べ応えがあるので、サラダなどに加えるだけで食べすぎ防止に役立ってくれます。もちろん高カロリーなので食べ過ぎはNG。野菜と一緒に少量だけ食べるように心がけましょう。

食べすぎを防止できる習慣

食べ物だけでなく、空腹を上手に解消するためには、日々の習慣も大切ですね。簡単に食欲をコントロールできる方法は意外と沢山あります。

半身浴

半身浴には身体を温める効果もありますが、ストレスを解消し、自律神経を正常に保ってくれる働きがあります。香りの良い入浴剤などを入れる事により、相乗効果も期待できますね。
夏場にシャワーばかりの生活だったのを、少しの入浴にシフトチェンジするだけで、冷えを改善し、身体の免疫力を高めてくれ、ストレスの緩和にもつながります。今から冬の間だけでも、毎日の入浴の習慣をつけましょう!

食べる順番に気をつける

最初はサラダから食べる人も多いかもしれませんが、生野菜は身体を冷やしてしまうので、まずは温かいお味噌汁やスープなどの汁物から飲むのがベスト。
次に、野菜やきのこなど食物繊維の多い食材を食べます。それから肉や魚などのたんぱく質、最後にご飯などの炭水貨物を摂るようにします。
この順番で食べると、糖質になる炭水化物を食べるタイミングを遅らせて、血糖をゆっくり上げることができます。
そして、余分なコレステロールや中性脂肪などを身体に吸収させない効果があるので、ダイエットに最適です。

お腹が空いたら走る!

空腹を感じたら短時間でも運動をすることがオススメです。
ジョギングなどの有酸素運動を行うと、空腹が紛れると感じたことがある人も多いのでは?
空腹を紛らわすだけではなく、空腹時の有酸素運動はより効率的に脂肪を燃焼するという効果があります。
イギリスの研究では、朝食を摂らず空腹の状態で有酸素運動を行う事で、食事をしてから行うより20%以上脂肪を燃焼した!という研究結果が発表されています。
その理由は、夜眠っている間は食事をしない時間が長くなるため、起きた際には炭水化物が枯渇している状態。そのタイミングで有酸素運動を行うと、脂肪をエネルギーとして使う率が高くなるからです。

空腹を抑えられて、脂肪を燃焼してくれるなんて、一石二鳥!
是非、毎日30分程度のジョギングを習慣にしてみましょう。

冬はどうしても食欲UPして、脂肪を蓄えてしまいがち。
そんな冬をHAPPYに過ごすために、できることから少しずつ始めてみましょう!



関連記事

  1. ダイエットしたいなら上手に使い分けよう!「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」

  2. グラマラスリム・スムージーでダイエット始めました。

  3. 発芽玄米はダイエットの強い味方?玄米との違いは?

  4. ローソンのこんにゃく麺サラダは糖質制限にぴったり♪食欲の秋も、時々OFFして乗り切ろう♡

  5. ダイエットの強い味方!おしゃれでヘルシーなララバーって知ってる?

  6. ダイエットを楽しく!頑張らないで楽しく痩せる方法

  7. プチ断食の正しいやり方。ただ食べないだけでは逆効果!

  8. 話題の「ゼンパスタ」でおいしく糖質制限ダイエット!

人気記事



PAGE TOP