里山暮らしは可能?

みなさまこんにちは。
かすみです。

最近、知り合いの方二人が里山で暮らし始めたという話を聞きました。

かねてから、何となく興味があったのですが、本当に実現している人が身近に出てきたのがまたまたびっくり。

いいなあ、と思うけど、本当にできるのか、考えてみました。

山ガールから里山ガールへ

少し前まで山ガールというのが流行言葉に上がるくらい、ファッションから生活から影響を与えていました。

私も高尾山に行きましたが、カラフルなファッションに身を包んだ若い女性たちが、手にカメラ(携帯)を持って、道端の植物を撮ったりしていました。

そんな山ガールも、そこから本格的に登山に進む人と、自然が好き、ボタニカルな生活が好きというタイプとに別れていきました。

そんなボタニカルな生活を求める女性たちが、里山ガールへ変身。

都会を離れて、里山で自給自足に近い生活を送りたい。

古民家を借りて、自分たちの手で好きな暮らしを送りたいと、どんどん都会を離れています。

都会のなかの里山で暮らす。

Aさんは、事情があり自宅を出なくてはいけなくなりましたが、一人暮らしする資金もなく、どうしようか悩んでいた時、知り合いの人が使っていない倉庫があるけど、そこでよかったらと言われ、紹介されたのが東京都町田市の小野路というところ。

町田のチベットと称される小野路地区は、町田で唯一の里山でもあり、段々畑のある風景にここは本当に東京?と思ってしまうところでした。

倉庫なので水道とトイレはあるけど、それ以外は自分で手作りするしかありません。

しかし彼女は、もともと手作りが大好き。壁や床を友達に手伝ってもらいながら、なんとか住めるように作っていきました。

また、近くに炭焼き小屋もあり、薪が手に入れやすいことから、ずっと憧れていた暖炉にしました。

お風呂はありませんが、近くの駅までバスで30分ほどで行けるので、そちらを利用しています。

美大を出て、陶芸もやっていた彼女はそのうち、そこに自分の窯を作って作品作りもしたいと意欲的です。

運といえば運ですが、望めばできる、ということでしょうか?

地方に移住するなら

Bさんはこの4月彼と三重の甲賀に移住しました。

こちらは、古民家を借り、できないところはプロにお願いし、できる限り自分たちで改装しました。

彼女たちには明確にこう生きたいという思いがありました。「自分たちの子供は安全な場所でかつ自然のなかで育てたい。」

なので、1年以上前から計画を立て、土地を探し、気に入ったら何度もその土地に行き、住民と顔見知りになり、情報を得ることをしました。

家もそうですが、仕事も必要です。

古民家でカフェ、なんて夢だけでは生きられません。そんななかで、彼女たちが選んだのが甲賀だったということです。

まだ、二人とも里山暮らしが始まったところ。これからどんなことが待ち受けているのか、私も興味津々。

追ってまた彼女たちのその後、ご報告しますね!

Twtter毎日更新中♪ Please follow me♡

https://twitter.com/info_venuslife



関連記事

  1. フランス祭りだよ!

  2. いまさら聞けない!最近流行りのイルミナカラーって何?ポイントは「外国人風」☆

  3. お得な見放題は何?

  4. iPhoneを格安SIMに乗り換えてみた

  5. 「終活」最後の日を迎えるために今考えておくことまとめ!

  6. ミニマリストに憧れる私がまず捨てたもの。思い込みを捨てると、自由になれる

  7. プチプラで豪華に!誕生日のデコレーションアイデア【DIY】

  8. 急いで!ふるさと納税は意外に簡単!おすすめ返礼品4選をご紹介♪

人気記事



PAGE TOP