今さらだけど、インスタ女子必見の「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきました!

レアンドロ・エルリッヒ展に行ってきました!

先日、友人と森美術館で絶賛開催中のレアンドロ・エルリッヒ展に行ってきました!
テレビでも特集されて、今爆発的な人気となっている現代アートの展覧会です。

レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティスト。
日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》という作品が有名です。
本展は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展なんだとか。新作を含む44点の作品を紹介し、その8割が日本初公開というから今回に個展に入れる気合いが感じられますね!

それでは早速入ってみましょう!

訪れたのは日曜日。
混雑を避けるためオープンと同時の10時に到着しましたが、すでにすごい人!!!
チケットを買うまでもかなり並びました(汗)
とはいえ、森美術館は前売り券を買っても現地で引き換えしなくてはいけないので、結局並ばなきゃいけないそうです。

土日の午後はもっとすごい混雑なんだろうな・・・これはできる限り平日がおすすめですね。

反射する港


まず入ってすぐ目につくのが、船の作品。実際には水はありませんが、水面に映る影が忠実に再現されています。
ゆらゆら揺れており、一見会場内に水を張って船を浮かべているかと思いきや、実は水面に映った形の船を作りコンピュータ制御で揺らしているという仕掛け。暗闇とおぼろげなライティングもあってあたかも水面に浮かんでいるように見えてしまいます。

ちなみにこの展覧会は、美術館にしては珍しく、ほとんどの作品が撮影OK!(ただしフラッシュ撮影はNGです。)
そう行ったこともあり、インスタ女子たちがこぞって来場していて現代アートとしては異例の混みようになっているようです。

 雲


正面から見ると雲に見えますが、実はスライス板に着色しそれをいくつも重ね合わせて雲のように見せています。
写真だとちょっと分かりづらいですが、実物を見ると本当にそこに雲が浮いているような不思議な体験ができます。
構造はいたって単純なのにこの立体感はすごい!
頑張ったら自分でも作れそうという感じもまた良い。

教室


本作は今回の展覧会のための新作です。

日本の少子化や地方の過疎化を背景に、廃校となり廃墟化した学校の教室が舞台となっています。
部屋と部屋の間にはガラスがあり、手前の部屋の椅子に腰掛けると、奥の教室に自分の姿が映し出される仕組み。ライティングの方法に工夫されていて、椅子に座るとしっかりと自分が映り込むのに、現実に座っている椅子や机は向こうの世界には映らないのがとっても不思議!!!

こちらの作品は、廃墟化した教室の中に映り込む亡霊・・というのがテーマだそうです。映り込む自分の亡霊という状況を楽しみつつも、自分の幼少時代という過去や記憶、現実の日本が抱える様々な社会問題によって提起される未来像と向き合って欲しいというエルリッヒのメッセージです。
この作品のように、エルリッヒは、ガラスで仕切られた2つの部屋に「実像と虚像」を混在させたインスタレーションを数多く制作しています。

眺め


「窓」を「覗く」をテーマにした作品がいくつも見られました。電車の窓や飛行機の窓、部屋の窓だったり・・・来場者に「覗いてもらう」という展示の仕方です。

こちらの作品は、ブエノスアイレスの中流階級のさまざまな生活風景を隣のマンションの窓から覗いている体験ができます。子供を寝かしつけるのに苦労する母親、夕食中に喧嘩をする夫婦、ヌードモデルを描く画家など、いずれも共感できる普通の生活風景。
また、都会で暮らす人々は、誰もが、見るだけではなく「見られる対象」となる可能性がある、ということを表現しているんだとか! また、本作は元々1997年に制作されたもので、こちらはエルリッヒにとっての初のビデオ・インスタレーションとなりました。


オフィスや卓球部屋(!?)もあるマンションのようですね。

 例のアレもやってきたよ!


もちろん、エルリッヒ展といえばのアレもやってきました!!しかし人が多い・・・!隣の人とぶつからないようにうまいこと撮影するのが結構難しかったです;

しかも意外と壁面は立体構造になっていて、ポーズを撮るのも一苦労。そんな中みんなインスタ映えな写真を撮るのに必死である意味面白かったです!(笑)自撮りは意外と難しいので、グループで行って順番に撮影係を立てるのがベストという結論に至りました。

 おまけ・・・森美術館の近くで見つけたおしゃランチ♡

人混みに疲れた私たちは、ランチを食べるために六本木ヒルズのまわりをお散歩しました。
そこで見つけたお店にたまたま入ったんですが、そこがかなり当たり♡
ホリデーランチセットが1,800円と決してお安くはないですが、
前菜・主菜が選べて、焼きたてのパン食べ放題とデザート・ドリンクも付いてくるのでなかなかお得感満載でした。
前菜のサラダの数種類から選べて、主菜もチキンやハンバーグ、ステーキなど数種類から選べました!


そして土日の15時まではハッピーアワーでワインが格安で飲めちゃいます^^
グラスワインもいただいて、とってもご機嫌な日曜日でした♪

お店の詳細はこちらをどうぞ!

ワイン食堂 ル・プティ・マルシェ

関連ランキング:フレンチ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

いかがでしたか?忙しい毎日ですが、たまにはゆっくりと1日アートと美味しいご飯を味わう休日も良いものですね!

また面白そうな展覧会があればレポしたいと思います!

関連記事

  1. 初心者でも大丈夫!格安航空券でお得に旅をしよう!

  2. 富山気ままに一人旅

  3. 横浜遊びにCPの良いレストラン3店選んでみました

  4. 石垣牛に米軍フリマまで。沖縄で異文化を堪能しよう!

  5. 絶対に行きたい郊外のカフェ3店

  6. 木村ぶどう園。東京・世田谷区でぶどう狩りができる♪上野毛駅・等々力駅から徒歩圏内で気軽に行ける。

  7. 梅雨こそ憧れの鎌倉へ行ってみよう

  8. 石垣島フサキビーチはサンセットからアクティビティまで揃った理想的ビーチ!

人気記事

PAGE TOP