【2016年版】【入場料無料!】タダで巡る現代アートの休日

art

みなさまこんにちは。
かすみです。

東京って美術館や博物館がいっぱいありますね。

地方にいると羨ましい限りです、ってよく言われます。

しかし、どこも高い! せいぜい一つ行けば足もお財布もイナーフ(充分)って感じになります。

そこで、今日はタダで見られる感動のブランドギャラリーをご紹介。

これがただなのかって、正直驚きますよ!

アート鑑賞の後はパーラーで!資生堂ギャラリー

銀座の資生堂パーラーは誰でもご存知のおしゃれなレストラン。

ここの地下には実は素敵な現代アートのギャラリーがあるんですよ。

6月19日(日)まで「椿会展2016 −初心−」を開催しています。

赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵などのアーティストの作品が見られます。

「椿会」は、1947年から続く資生堂ギャラリーを代表するグループ展で、時代とともにメンバーを入れ替えながら、70年近くにわたり継続してきました。

こちらのギャラリーは小さいながら充実の企画が多く、銀座へ行く機会があるとき、時間があれば寄らせていただいています。心安らぐ空間です。

帰りはやっぱり?お茶しちゃいますね。

敷居が高いけど、最高のギャラリー メゾンエルメス「フォーラム」

メゾンエルメスとは、銀座にあるエルメスジャポン株式会社の本社ビルのことです。

建築家のレンゾ・ピアノ氏がデザインを手がけ、建築好きの方にはビルも一見の価値ありです。

8階がアーティストと共に創造する空間「フォーラム」、10階は予約制のミニシアター「ル・ステュディオ」となっています。「フォーラム」へは奥のエレベーターで行きます。

キュレイターの方がいらっしゃるのかどうか知りませんが、とにかく展覧会の質が高いです。これが無料ですからね。

現在は「Y?KA?NOSHIMA」 シャルル・フレジェ展開催中 5/22(日)まで。次回は「奥村雄樹による高橋尚愛」展 6/4(土)〜9/4(日)まで。

シアターの方もネット予約で見ることができます。銀座へ行く機会があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。

ルイ・ヴィトンの真髄(こころ)を辿る驚きに満ちた旅

こちらはヴィトンの展覧会、常設ギャラリーではなく、特別展です。

6/19(日)まで紀尾井町の特別会場で無料で見られます。
「Volez, Voguez, Voyagez ? Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)展では、1854年から現在までのルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る旅を楽しめるそうです。

ヴィトン好きにも、アートやモードが好きな方には、楽しんでいただけるイベントだと思います。

入場無料で、事前にオンラインで時間予約すると、よりスムーズに入場できるそうです。

「旅するルイ・ヴィトン展」で検索してみてください。JR四谷からが近そうです。

Twtter毎日更新中♪ Please follow me♡

https://twitter.com/info_venuslife



関連記事

  1. イギリス ブラックプールはレトロな夢のリゾート地!

  2. アメリカンカルチャーを巡る沖縄の旅!A&Wやタコライス発祥の店!

  3. アメリカンヴィンテージの宝庫!【沖縄】宜野湾ファニチャーストリートでお買い物♪

  4. 横浜遊びにCPの良いレストラン3店選んでみました

  5. 地元の人に聞いた!石垣島の絶品グルメ店へ潜入!

  6. JR東日本がやってくれた。とんでもなく凄い旅行企画。

  7. 山ガール!秋の秩父地方巡りが最近熱い

  8. ホワイトビーチを日常使い!千葉県は御宿町に移住してサーフィン三昧?

人気記事

PAGE TOP