30歳からの歯列矯正。30歳の私が生活費を削ってでも歯列矯正を決意した理由。

こんばんは!アラサーだけど絶賛歯列矯正中のayaです。(※写真はイメージです笑)

突然ですが、あなたの歯並びは、良い方ですか??
私は30歳を目前にした29歳の最後に、歯列矯正を始めました。

矯正って、高いし、すごく悩みますよね。
今回は、私が大人になってからの矯正に踏み切った理由をお伝えしたいと思います!

歯並びが悪いのがずっとコンプレックスだった

私は、歯並びが悪く、ずっとコンプレックスに思っていました。
前歯が大きく、前に飛び出していた(いわゆる・・・出っ歯)ため、見た目が悪くとても気になっていたんですが、奥歯の噛み合わせ自体に問題はなかったため、子供の頃は歯列矯正をすることなく大人になりました。

中学生くらいからは、見た目の問題から、自分自身は本当に本当に気になっていましたが、矯正費用が出せるほど裕福な家庭ではなかったため、社会人になったら絶対に自分のお金で矯正しよう!と心に決めていました。

だがしかし!社会人になったら、少ないお給料で一人暮らしをしていてため、そんな余裕もなく・・・はっと!!気がついたら29歳になっていました。
20代でやり残したことは何だろう・・・!と思った結果、歯列矯正だ!と奮い立った私は、30歳を目前に、複数の矯正歯科の無料カウンセリングに行きまくりました。

気になるお値段は・・・?

歯列矯正の相場は、表側に付ける装置の場合70~80万円程度。裏側の装置の場合はさらに高く、90~100万程度が相場です。
クリニックによって値段設定は様々ですが、これにプラスして、毎月の調整料が月5,000円程度かかるところが多いようです。

歯列矯正は自由診療(健康保険の適用外)であって、価格設定は歯科医院が自由に設定できるようになっているため、
歯科医院によって結構幅がありますね。

ちなみに私が現在通っている矯正歯科は、表側の装置で50万円。これに加えて調整料が毎月5,000円かかります。
院長先生が一人で開業している矯正歯科なので、この価格設定が実現しているようです。

表側矯正?裏側矯正?それともマウスピース矯正??

矯正を始める時に悩のが、表側にするか、裏側にするか。
上の歯だけ裏側に装置をつけて、下の歯は表側という「ハーフリンガル」という方法もあります。

私は少し悩みましたが、結局表側矯正にしました!
その理由は以下の3つ。

①一番安いから。

一番の理由はこれです。
安いは正義!!!!!

総額が大きいとたまに麻痺する人もいますが、例えば裏側矯正と表側矯正を比べると、総額にして2、30万も変わってきます。
この差を埋めるほどのメリットが、私は裏側矯正に見つけられなかったので、一番安い表側を選択しました。

②矯正は恥ずかしいものじゃない!

そもそも私、歯列矯正を恥ずかしいものだと思っていません。
だから、隠す必要なんてないと思っています!
むしろ、健康に対して意識が高いんだ!ともっとみんな胸を張っていいと思うんですよね。

それに、最近の装置は、表側でも白や透明の装置を使っている場合がほとんどなので、変にギラギラと目立つこともありません。それもあって、裏側矯正を選ぶ理由があまりありませんでした。

③マウスピースは色々しんどい

歯列矯正を始める前は、インビザラインなどのマウスピース矯正にしようと思っていた時期もありました。
理由は、取り外しができた方が何かと便利じゃないか?と思ったから。

でも、詳しく調べていくと、マウスピース矯正は自分自身との戦いが多いようで、面倒なことは嫌いな私の性格には合わないと判断し、やめました。
具体的は、マウスピース矯正の場合、1日20時間以上装着してなくては効果がないこと。
マウスピースをつけている間は水しか飲めないこと。(装着中に何か食べるのはもちろんNG、飴やジュースなども絶対NG!!)

これは便利どころが不便すぎるし大変!と思い、普通の矯正装置を選びました。

まとめ

以上が、私が歯列矯正を始めた理由と、表側の装置を選択した理由でした!

また次回、矯正中の生活について詳しくレポしたいと思います♪

関連記事

  1. これからの季節の臭い対策!

  2. ミニマリストに憧れる私がまず捨てたもの。思い込みを捨てると、自由になれる

  3. スタバ新作は「ラズベリーモカフラペチーノ」などクリスマスムード高まる4種類!

  4. 虫さされにご用心!そのあとのケアについて

  5. 幼い頃の夢が叶う!プリンセスになる方法があった!

  6. たかがハグ、されどハグ。ハグのある生活はあなたの人生を変えるかもしれない。

  7. 石垣島フサキビーチはサンセットからアクティビティまで揃った理想的ビーチ!

  8. サプリって本当に効くの?

人気記事

PAGE TOP