その肩こり、ストレートネックのせいかも!治し方や対策まとめ。

12405971

みなさまこんにちは。
かすみです。

最近肩が凝っている。

頭痛もするし、首を回すのがしんどい、そんなことありませんか?

今パソコンやスマホの使いすぎで、若い人の間でもストレートネックになっている人が増えているんですよ。

ストレートネックとは

ストレートネックは症状であって病気ではありません。

本来人間の重い頭を支えたり、二足歩行になるに当たって、背骨がSの字型に曲がることによって支えていたのが、首がまっすぐになってしまっている状態をストレートネックと言います。

首は下を向くのに頭の加重がかかります。

45度曲げると22キロを首からぶら下げていることになるそうです。

今はほとんどの人がパソコンを見たり、タブレットやスマホを年中見ているので、下をずっと向いている状態です。

そこで、肩こりや、頭痛、手のしびれなどの症状が出てくるのです。

自分がストレートネックかどうかの簡単な判断は、まっすぐな壁にかかととお尻をつけて肩を壁につけます。

そのとき頭がつきますか?

何処かが浮くようであればストレートネックの可能性が高いです。

姿勢を正すのが一番

ストレートネックになる原因は悪い姿勢です。

いわゆる猫背です。

なので、自覚して姿勢を正しましょう。

立つ姿勢では、先ほどの壁に肩をつけた感じが正しい姿勢なので、その感じを覚えておいて、肩を後ろに回し、頭を上から引っ張られる感じで首を伸ばしましょう。

椅子に座っていても、ちゃんと腰を伸ばし、なるべく長時間下を向く作業をしないようにしましょう。

仕事でどうしてもしなくてはいけないときも、正しい姿勢を思い出してください。

自覚が一番必要です。

「あ、今、姿勢悪い」と思ったら、肩を外に回して姿勢を正す癖をつけましょう。

ストレートネックに効くストレッチ

職場でも、肩を回したり、首を回したりするだけでも血液の流れが通ってさーっと目の前が開ける感じがするはずです。

また、座ったままできるストレッチでは手を後手に組み、思い切り外へ伸ばします。

そのとき首も後ろへそらします。これを3回ほどやりましょう。

家でできるタオルを使った簡単なストレートネックの矯正のストレッチがあります。

タオルを首にかけて、首の近くを両手で持ち、軽く引っ張ります。

その時に首を後ろへ曲げます。5秒後ろへ、戻すのに5秒。

それを5回ほど繰り返します。

それだけです。

またバスタオルをくるくる巻いて、枕の代わりに肩と首の間において寝ます。

これもストレートネックの矯正になります。

ストレートネック用の矯正枕が市販でも発売されていますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

関連記事

  1. 汗って大変!気をつけるべき汗ケア

  2. 恋の病の処方箋。幸せホルモン「セロトニン」を増やしてHAPPYになりましょ。

  3. 飲んだ次の日もHAPPYに過ごそっ♡早く酔いを醒ます飲み物食べ物リスト

  4. これからの季節の臭い対策!

  5. 虫さされにご用心!そのあとのケアについて

  6. 夏バテ防止も美白効果も♡トマトを食べて夏を乗り切ろう♪

  7. 30歳からの歯列矯正。30歳の私が生活費を削ってでも歯列矯正を決意した理由。

  8. 冬季うつ。女性に多い症状の原因と対策についてまとめてみました。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。



PAGE TOP