虫さされにご用心!そのあとのケアについて

d7cb6ce07e25352836df9c9940895fd4_s

みなさまこんにちは。
かすみです。

代々木公園でのデング熱騒動は記憶に新しいですが、蚊の季節ですね。

ちょっとした時間にも隙あらば刺してくるので、対策が大変。

また、その跡もいやですよね。

今日は、刺される前と、刺されたあとのケアについてご紹介します。

虫さされ予防

緑の多いところにはどうしても虫が多いです。

ベランダガーデンといって、それ自体は素敵なのに、緑を扱うと虫ももれなく付いてきます。

あり、蜂、ムカデ、くも、ナメクジなどなど。

一番厄介なのは蚊です。

夏場はアウトドアや、バーベキュー、ビアガーデンなどは都会でも暗闇に潜んでいます。

ジーパンの上からでも刺してきますよね。

虫さされ予防には、やはり市販のスプレー、または塗り薬が便利。日焼け止めの後に塗るといいようです。

日焼け止めと虫除けのバーブが一緒になった便利なものも出ています。

もちろん長袖、長ズボンがベストですが、着る前に一度虫除けを塗って、服の上からもさっとスプレーを振っておきましょう。

また、ガーデニングや洗濯などの屋外作業の時は、小さめの蚊取り線香などを焚きながら作業するといいですよ。

腰につけるものもあります。

そこまでしなくても、と思うでしょう?

男性のほとんどが女性の虫さされ跡が気になるそう

ミニスカートの女性の足やデコルテに赤い跡がついていると、あれ?と女性の私でも見てしまいます。

それが、何箇所も付いていると、おいおい、どうしてそんなに刺されているの?と不審に思います。

不可抗力の時がほとんどと言っても、大人の女性として美しいものではありません。

健康のためにも、なるべく刺されないようにしたほうがいいです。

無意識で、掻いているのも、あまり美しい動作ではないですよね。刺されてしまったら、早めの手当で治しましょう。

痒みは抗ヒスタミンで、腫れたらステロイド入りのものを

刺されたら早めの処置が、跡を残さず炎症も抑えます。

痒い時は冷感ジェルなどで冷やすのも効果的。

抗ヒスタミン入りのスッとする市販のお薬でまずは抑えましょう。

その後、跡が赤くなり、痒みも増すようであれば、ステロイド入りの塗り薬に変えたほうがいいでしょう。

市販の薬であればステロイドも軽い物しか入っていないので、少量患部にだけ使うにはそんなに心配することはありません。

刺された跡が茶色く色素が沈着するのは、日焼けと同じでメラニンの作用です。

お肌の美白と同じように考えて、保湿と美白をしてあげましょう。ターンオーバーを促すオイルなどでお手入れをするといいですね。

市販の虫さされ跡などを消すクリームなども出ているので、試すのもいいかもしれません。

秋になると結婚式のお呼ばれなどが増えてきます。

その前にデコルテや足のお手入れもお忘れなく。

関連記事

  1. その肩こり、ストレートネックのせいかも!治し方や対策まとめ。

  2. 綺麗なお姉さんは髪から

  3. もしかして多汗症?対策を知れば汗だって怖くない!

  4. 夏バテ防止も美白効果も♡トマトを食べて夏を乗り切ろう♪

  5. 汗って大変!気をつけるべき汗ケア

  6. NYセレブが愛用する「アダプトゲン」。その効果がすごい!

  7. 便秘改善の効果を期待できるお茶、美爽煌茶とは?

  8. 週末は、川辺でヨガを楽しもう!大地を感じて、癒しの時間。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。



PAGE TOP