夏の目のトラブルにご用心!

3852065

みなさまこんにちは
かすみです。

最近目が痒かったり、充血したり、しょぼしょぼしたりしませんか? 
夏は目のトラブルが多い時期です。
適切に対処して、しっかり目を守りましょう!

紫外線が大敵!

目も日焼けするんですよ! 
お肌は日焼け止めなどで防御できますが、目は結構無防備。コンタクトレンズやメガネで多少のUVはできていますが、多少は多少です。やはり、予防にはUVのサングラスがおすすめ。安いサングラスはUVしていないものもあるので、ちゃんとしたお店で買うのがベストです。
紫外線の刺激もお肌ほどは症状が出ないので、気にすることもないと思う方、それが毎日なんですよ〜。そして、その積み重なったことで起こるのが白内障という病気。目の奥の水晶体というところが紫外線など物理的な刺激の影響で半濁してしまい、目が見えなくなってしまうという病気です。
イメージは卵の白身。熱を与えると白くなりますね。あんな感じを想像してみてくださいね。
紫外線で乾燥もするので、涙タイプの目薬で潤いを与えてあげましょう。

プールや海水浴で、結膜炎に注意!

目の下をべろんとめくってみると真っ赤。目やにも出る、かゆい、熱い感じの時は、結膜炎かも。この結膜炎より、もっと怖いのが流行性角結膜炎「はやり目」というやつです。これはアデノウィルスによる結膜炎で、他のウィルスによって起こる結膜炎より強力で、見た目も真っ赤なのですぐ気づきます。うつる病気なので、早めに眼科医へ。
その他、咽頭結膜熱「プール熱」とも呼ばれる風邪と間違えそうな、喉にも炎症が起き、下痢などまるで風邪のような、子供に多い病気です。
抗菌の目薬を、病院で処方してもらいましょう。

汗でアレルギーも

なんとなく、目が痒かったり、痛い時は、アレルギーかもしれません。夏は汗が目に入ったり、お化粧品が流れて目に入ったりして、思わぬところでアレルギーが出ているのかも。そういう時は抗アレルギー薬の入っている目薬を。花粉の後しばらくアレルギー出ないと思っていたのに、残念。

スマホのやりすぎでドライアイに

夏はエアコンの効いたところでスマホをいじってばかりいませんか? スマホやパソコンを長い時間見ていると、知らない間に瞬きをわすれているようです。そのせいで目が乾燥し、目が充血する、かすむ、しばしばする、ゴロゴロするなどの症状が現れます。またスマホ老眼にもなってしまうので、1時間に1度は遠くの山とか、緑をぼーっと見るのがいいそうです。
エアコンの直接の風もドライアイの原因になるそうです。エアコンもなるべくサーキュレーターなどを使って、空気を循環させて直接体に風を当てないように工夫しましょう。
ドライアイにも、涙タイプの目薬や、最近はヒアルロン酸入りの目薬もいいようです。疲れ目にはビタミン入りの目薬がおすすめ。
夏休みはたまには昼寝でもして、目を休めましょう。

関連記事

  1. 花粉症の対策まとめ◆辛い季節はこうやって乗り切ろう

  2. 梅雨のダルさの鍵は”自律神経”。バランスを整えてHAPPYになろう!

  3. 寝過ぎも頭痛の原因って知ってた?

  4. 誰にも聞けない、お尻の悩みありませんか?

  5. PMS対策に、セントジョーンズワートのサプリを試してみて。

  6. 合成成分・天然成分どちらのサプリメントを選ぶべき?

  7. 恋の病の処方箋。幸せホルモン「セロトニン」を増やしてHAPPYになりましょ。

  8. 美人なあの人がペットを飼っている理由。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。



PAGE TOP