憧れのガーデンはピーター・ラビットの世界

みなさまこんにちは。

かすみです。

一度は行ってみたいと思うイギリスは湖水地方。
その風景に憧れて、ガーデニングを志す方も多いとか。この地方が開発から逃れたのは、ピーター・ラビットの生みの親 ビアトリクス・ポターのおかげです。
彼女の生誕150周年を記念してピーター・ラビット展が東京から福岡や仙台、大阪、広島、名古屋と巡廻予定です。美しいガーデニングや、湖水地方に思いを馳せて、かわいいウサギたちを見にいきませんか?

憧れのイギリス湖水地方

オーガニック好きなら、誰でも一度は訪れたいと思っている湖水地方。
いわゆるイギリスの田園地方です。

イギリスの庭園は、日本のようなガチガチの庭園作りではなく、いろんな花が咲き乱れてよしというワイルドな庭園です。
この湖水地方もワイルドで、キースの花が咲き乱れる丘とか聞くと、行ってみたい!と思います。

今はやりのガーデニングにしろ、ハーブにしろ、オーガニックにしろ、私たちのあこがれや夢のような風景が溢れている場所。
まったく、和風なものがありえない場所ですよね。

最近の庭園ブームに「小屋」というのもありますが、湖水地方の農家の農具などを入れておく小屋が、私たちから見るとオシャレ! 

枯れ草を積んだりする、鋤や鍬まで、かっこよく見えるから不思議。
なかなか新しいものを買ったりすることもできない時代だったでしょうから、頑丈で丈夫。

シンプルで使い易い。アンティーク感もあり、大人気。

オープンガーデンでイギリスに行ったつもりになろう

イギリスのようなワイルドなお庭を作りたい、けど、そんな広い土地もなければ技術もついていかない。
そんな方のために、日本でも手作りのお庭を解放しているところがあります。

家々でいろいろな工夫をこらしていて、見ていて飽きません。
湖水地方にしても、普通のお宅のお庭だからこそ、いいんですよね。

市町村が間に入って、町や村を盛り上げようとしているところもあります。
個人のお宅なので、ずかずか入っていい場所ではありませんが、連絡を入れてちょっと見せてもらいましょう。

埼玉の皆野や神奈川の大磯などがあります。
解放時期があるので、HPで調べて、連絡してから行きましょう。

皆野観光協会 オープンガーデン
http://www.minano.gr.jp/opengarden/garden/09/index.htm

ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーター・ラビット展

そんな憧れの湖水地方から生まれたピーター・ラビットたち。
わたしはウサギというと、この姿をすぐ想像します。
ぜひ、お出かけしてみてくださいね。

東京2016年8月9日(火)~10月11日(火) Bunkamura ザ・ミュージアム
10:00~19:00(入館は18:30まで)
金・土21:00まで(入館は20:30まで)
入館料:一般 1,400円、大学・高校生 900円、中学・小学生 600円、親子券 1,500円
福岡/福岡県立美術館 2016年10月28日(金)~12月11日(日)
仙台/2016年12月~2017年2月 詳細未定
大阪/グランフロント大阪 2017年2月11日(土)~4月2日(日)
広島/ひろしま美術館 2017年4月15日(土)~6月4日(日)
名古屋/2017年9月~11月 詳細未定

関連記事

  1. アラサー・シングルの私がシェアハウスに引っ越しをした5つの理由。コスパだけじゃない!その魅力に迫る。…

  2. 【実録】フリマに出品してみた。

  3. いまさら聞けない!最近流行りのイルミナカラーって何?ポイントは「外国人風」☆

  4. お盆によせて。ペットロスから立ち直るために

  5. 京都・宝泉寺「禅センター」で座禅修行をしてきました。

  6. TOEIC 1年で300点から750点を達成した勉強法

  7. 日本酒のソムリエ「きき酒師」の資格。取得費用と難易度について詳しく調べてみました!

  8. AROMAKIFIのシャンプーでキラキラ素髪へ☆贅沢なエッセンシャルオイルの香りで、癒されながら綺麗…

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。



PAGE TOP